乳首が黒い!原因は妊娠したこと?

乳首 妊娠 授乳 黒ずみ

妊娠すると赤ちゃんが成長してお腹が大きくなるにつれて、胸が大きくなってくるなど母親の身体には様々な変化が現れてきます。その中に「乳首が黒くなる」というものがあります。

 

妊娠中期ごろから「なんだか黒くなってきたな」と感じる人が多いですが、妊娠後期に入ってからそう感じる人もいます。徐々に黒くなってきたことにある日突然パートナーに指摘されたり、気づいて慌ててしまうこともありますが、心配する必要はありません。

 

全ての人に起こるわけではありませんが、妊娠という身体の変化に伴い起こるもので、多くの人が経験すること。色も少し濃くなったかな?という人や黒々としてしまったという人まであり、個人差が多いのも特徴になります。

 

どうして妊娠すると乳首が黒くなるの?

乳首 妊娠 黒ずみ 原因

妊娠すると乳首の色が黒くなってしまう原因は、母親の体内のホルモンバランスが変化したことです。妊娠を継続させるために、女性ホルモンの分泌が活発になります。

 

分泌量が増えた女性ホルモンは、日焼けやシミの原因・メラニン色素を作るメラノサイトという細胞を刺激します。刺激を受けたメラノサイトはメラニン色素を生成してしまうので、体内にメラニン色素の量が増えるのです。

 

そのため妊娠期には、普段から刺激を受けやすいヒジやヒザだけでなく、

 

・乳首や乳輪

 

・脇や脚の付け根

 

・顔(しみ・そばかす)

 

 

といった部分の色が濃くなってしまいます。もともとメラニンの量が多い乳首やデリケートゾーンは、余計にメラニン色素の黒さが目立ってしまうのです。結果、乳首が黒いと感じてしまうのです。

 

乳首の変化は赤ちゃんを迎える準備

乳首 妊娠 授乳 看護師

乳首の黒ずみはシミと同じメラニン色素なので、色が薄い方が元の色に戻りやすいとは言われています。そのため早急にケアをしたくなってしまいますよね。しかし、

 

慌てて美白ケアを行っても、ホルモンバランスの変化は出産するまで続きます。

 

黒ずみは気にしてしまいがちですが、出産後は肌のターンオーバーと共に、だんだんとメラニン色素を含んだ細胞が垢となって剥がれていきます。すると徐々に色も元に戻って行きます。

 

乳首の色の変化は、赤ちゃんにおっぱいをあげる準備を身体が行っているもの。そのためあまり気にする必要はありません。それでも気になるという場合には、授乳期が終わった後(卒乳後)から黒ずみをケアしていきましょう。

 

産後の授乳期に乳首が黒くなるのは?

乳首 妊娠 授乳 産後

妊娠で乳首が黒ずむことは、一説ではまだ視力が弱い赤ちゃんが、乳首の位置を見つけやすくするためと言われています。またバストそのものが膨らむこともあり、それに合わせて乳首や乳輪が大きくなったり黒ずむといった変化があらわれます。

 

また、肌表面への刺激はメラニン色素の生成が促進されてしまいます。特に授乳期は

 

・バストが張るため刺激を受けやすい

 

・繰り返し赤ちゃんに母乳を与える

 

・抱っこしているときに赤ちゃんが動く

 

 

などの要因で乳首が黒ずみやすい時期と言えるでしょう。ホルモンバランスの変化ではなく外部刺激によるものですが、授乳のためには仕方ないことだと気持ちを切り替えましょう。

 

卒乳後から徐々にケアを始めよう

乳首 妊娠 授乳 卒乳

個人差はありますが、産後変化してしまった乳首や乳輪の色については授乳を終えてしばらくたつと次第に薄くなっていきます。元通りになる方や以前よりも薄くなる方もいらっしゃるようです。

 

乳首が黒くなってしまった原因がホルモンバランスによるものなのか、外的刺激によるものなのかは見た目では判断できません。

 

そのため、気になる場合は卒乳後にケアを始めていきましょう。美白クリームを塗ったり、美容皮膚科・婦人科を受診することで対策します。

 

また、産後胸が垂れてしまったという人も少なくありません。これは妊娠中から張っていたバストが、授乳を終えてしぼんでしまうためです。加齢によるたるみも一因となりますが、育児中はできるだけ猫背にならないように姿勢に気を遣うことや、バストアップの運動を取り入れることで軽減されるようです。

 

▼自宅でバレずに乳首ケア!▼

乳首をピンク色にする方法

 

>> 乳首ピンククリーム|黒ずみ乳首をカワイイピンク色に  TOP