乳首の色がもともと濃い人は薄くできる?

乳首 色 生まれつき濃い

生まれつき肌の色が濃い目の方は、乳首の色も濃い場合があります。この場合は最初から既に色が濃いので、何らかの肌トラブルが原因という訳ではありません。そのため、本来は無理に対策をする必要はないと言えるでしょう。

 

でも、体質だからと言って乳首の色が濃いのを諦めたくない!というのが女性の本音でしょう。キレイな乳首は自信につながりますし、逆に黒ずんだ乳首はコンプレックスにもなり得ます。男性からの悪い印象も気になるところです。

 

肌の色が濃い方は、メラニン色素の量が生まれつき多いと言われています。そのためちょっとした日焼けや、外部刺激で色素沈着を起こしやすいのです。

 

・新しくメラニン色素が生成されるのを抑える

 

・今沈着しているメラニン色素の排出を促す

 

 

という2つの対策が必要になります。

 

新たな色素沈着を防ぐのが肝心!

乳首 色 もともと濃い 色素沈着

元々肌の色が濃い人で、最初は乳首の色が綺麗だったのに徐々に黒ずんできた場合は、外的刺激が原因である場合があります。乳首は特にデリケートな部位なので肌を強く擦ると簡単に黒ずんでしまいます。

 

メラニン色素が生まれつき多い人は、新しくメラニン色素が生成されるのを抑えましょう。まず色素沈着の原因をシャットアウトするのが最初の対策になります。

 

・下着が擦れている

 

・運動で衣類が擦れる

 

・日焼けした

 

 

といった、ちょっとしたことで乳首が黒ずんでしまうので、意識して対策しましょう。

 

黒ずみは汚れではないので、洗ったからと言って色が落とせる訳ではありません。むしろ黒ずみを落とそうとしてゴシゴシと強く擦ってしまうと余計に黒ずんでしまうので、あまり刺激しない環境を作る事が大切です。

 

環境が整ったらメラニン排出に取り組む

乳首 生まれつき黒い ターンオーバー

黒ずんだ乳首は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を繰り返すことで徐々にメラニン色素を排出していきます。ターンオーバーサイクルは約1ヶ月とされていて、これを何度か繰り返すことで徐々にメラニンを追い出していきます。

 

自宅でケアするなら…

 

美白クリームを使用します。美白クリームには肌の新陳代謝を活発にするビタミンCや、メラニン生成を阻害する成分が含まれているトラネキサム酸などが配合されているものを選ぶようにします。

 

積極的に美白するというよりは、ターンオーバーサイクルを正常化して正しくメラニンを排出・予防するのが目的となります。そのためクリニック治療よりも時間が掛かります。

 

クリニックでの治療なら…

 

色を薄くしていく治療ができます。美白クリームより成分が強いハイドロキノンやトレチノインという塗り薬を処方してもらったり、レーザー治療を繰り返すことで徐々にメラニン量を減らしていきます。

 

ハイドロキノンやトレチノインは非常に効果が高い反面、成分の強さから赤みや肌荒れが現れることがあります。レーザー治療の費用は1回1万円前後で、5〜10回ほど通院が必要です。

 

根気強く取り組もう

乳首 生まれつき色が濃い ターンオーバーサイクル

どちらの方法も、すぐに結果が出るものではありません。ターンオーバーサイクルを極端に早めることはできませんので、最後は継続できる根気強さがポイントになってきます。自分の続けやすい方法を見つけてみてください!

 

▼自宅でバレずに乳首ケア!▼

乳首をピンク色にする方法

 

>> 乳首ピンククリーム|黒ずみ乳首をカワイイピンク色に  TOP